コーヒータイム

日々読んだ本の感想。時々日常。

「ビジネスで使う機械学習」(谷田部卓著)を読んだ

人工知能に続き、勢いに乗ってもう一冊機械学習の本を読んだ。この本は機械学習の原理と種類を解説しているが、小難しい数式をほとんど使わず、図表で説明しているのですらすら読める。

著者は「機械学習の基本は統計学であり、その出力データはすべて確率で表現される」という。機械学習で気をつけるべきは、問題によって適切なアルゴリズムを選ぶが、それには試行錯誤が必要であり、正しいデータを学習させることが必要である、とも。

この辺りに、新しい仕事のチャンスがあるのかもしれない。

よく機械学習に基づくAIは人間の仕事を奪うと言われるが、一方でAIによって生まれる新しい仕事があるとも言われている。適切なアルゴリズムを選ぶ。AIに学習させる質のよいデータを準備する。これがいずれ専門職になることもありそうだ。

一方で、難しいのは、AIに仕事を奪われた人々が、AIが生み出した仕事に就けるとは限らないことだ。

たとえばレジ係はAIによってなくなるであろう仕事の一つに挙げられているが、元レジ係がそのままアルゴリズムを選ぶ仕事に就けるわけではないだろう。その時彼らはどうなるのか?  AIを導入する予算のない小規模スーパーで働くだろうか。それとも別の仕事を見つけるだろうか。AIの恵みを受けられる人と受けられない人の間に、しだいに格差が広がるのではないか。

かつて読んだ「銀河鉄道999」を思い出す。機械の体を買えるお金を持った人間は高層ビルが建つ大都会で永遠の生命を送り、そうでない生身の人間は薄汚れた下町でやっとのことで生き、時には機械人間の気まぐれな狩りにさえあっていた。機械人間は食事をしないから、生身の人間のための食料生産さえだんだんとしなくなり、「本物の」ラーメンがたいへんなごちそうだった。技術の恵みを受けられる人間と受けられない人間が残酷なまでに分けられていた世界。あのような世界が現実になるかもしれない、というのは悲観的すぎるだろうか。