コーヒータイム

日々読んだ本の感想。時々日常。

「戦略的ストーリー思考入門」(生方正也著)を読んだ

筋道立てて説明しなさい、という言葉をよく聞く。これまで自分なりに工夫して分かりやすく説明してきたつもりだが、実はまだまだ工夫の余地がある、と教えてくれた一冊。

著者によれば、ストーリー思考とは「身近な題材や経験をストーリーの構成に落としこみ、自分の考えを相手に伝え実現に向けて進めていくための技術」だ。ここでポイントとなるのは「伝えること」「実現に向けて進めること」。

「伝えること」はまさに分かりやすい説明に求められるものだ。ストーリーといえば小説や映画を思い浮かべてしまうが、自己紹介、商品紹介、提案書、計画書、およそ筋道立てて説明しなさいと言われることすべてに使える。一方「実現に向けて進めること」だが、他人からのサポートを受けるために、他の人が考えたり行動に移したりできる「余地」が必要だと著者はいう。そうした「余地」を与えるのがストーリーだ。

この本ではストーリーについて九つの原則を紹介している。いずれも、小説、映画などで、また日々の会話の中で、一度は触れることがあったはずで、無意識のうちにすでに使っている原則もあるはずだが、改めて原則として見せられればなるほどと思う。

私の場合、原則2「はじまりとおしまいを意識する」、原則4「逆算思考」、原則5「成果物を組み立てる思考」、原則6「難所想定の思考」を特に意識した方が良さそうだ。伝えたいことを決め、それが受け手の印象にぴたりと重なるような「おしまい」を決め、そこから「はじまり」をどうするか考える、という作業は、やり方がわかるとなかなか楽しい。

かのハリー・ポッターシリーズも、J•K•ローリング氏が最初に書き上げたのは、実は、一番最後の章だったという。全七巻のシリーズが完結するまで、この最終章は厳重に金庫に保管され、ローリング氏以外誰も内容を知られないようにしたという。これこそまさに「おしまい」からストーリーを組み上げていった、すばらしい例だ。