コーヒータイム

日々読んだ本の感想。時々日常。

「厳選ウイスキー&シングルモルト手帖」(世界文化社)を読んだ

 ウイスキーを飲む機会が増えてきている。たいていは水割り。最初は鼻に抜ける香りが苦手だったが、水割りにするとそれが抑えられ、芳醇な味わいを楽しめるようになった。これまではジョニーウォーカーオールドパーなど定番銘柄を飲むことが多かったが、機会があれば他も試したいと思い、この本を選んだ。気になる銘柄をいくつかメモしておく。

 

【竹鶴】

日本/北海道余市宮城県仙台

ジャパニーズウイスキーの父とされる竹鶴政孝の名前を冠したウイスキー。北海道・余市蒸留所生まれの余市モルトと、仙台・宮城峡蒸留所生まれの宮城峡モルトをヴァッティングさせている、人気の高い一品。

 

スプリングバンク

スコットランド/キャンベルタウン

シングルモルトの香水と称される甘くかぐわしい香りと、キャンベルタウンモルト独特の潮と海の雰囲気まとう一品。華やかな香りは女性をエスコートする時に最適とか。

 

【ストラスアイラ】

スコットランド/スペイサイド

シーバスリーガルのキー・モルト。昔から変わらず使っている湧水には、ケルトの妖精が棲みつき、やわらかな風味をもたらしているとも言い伝えられている。熟したリンゴや洋梨のようなアロマと、チョコレートケーキのフレーバーが楽しめる一品。