コーヒータイム

日々読んだ本の感想。時々日常。

「マンガで食えない人の壁 プロ13人が語る「私はこうして漫画家になった」」(トキワ荘プロジェクト)を読んだ

とても読み応えがあるプロ漫画家のインタビュー集。

冒頭に「教育の難しいところは「教えられている側は身につくまで、教えられていることの重要性が分からない」ということです。…「先輩がそういうのだから、自分には分からない何かがあるのかもしれない」くらいに考えてみてください」とある。読み通すのに苦労するほどの分量にたっぷりつめこまれたプロ漫画家の知恵を、これから漫画家をめざす人に少しでも汲み取ってほしいという願いがこめられている。

語られていることは13人13色だが、とにかく最後まで描き切ること、自分のこれというものが見つかったらそこで勝負すべきこと、編集者と意見が合わないときは自分の伝えたいことがきちんと表現されていないと疑うこと、など、意外と起業あるあるが多かったように思う。漫画家は個人商売だから、起業家と根っこのところで同じなのかもしれない。