コーヒータイム

日々読んだ本を紹介しています。英語や中国語書も時々。面白そうだと感じる本があれば、ぜひあなたも読んでみてください!

蒙曼 《蒙曼说唐:武则天》

最近中国の人気テレビ番組《百家講壇》をよく見ている。さまざまなテーマについて専門家が一般向けにやさしく講義するもので、内容は主に歴史、文学、現代社会。画面下に字幕もついており、中国語聞取りにも歴史学習にももってこいだ。中国の歴史教育は「なぜこのように歴史は動いたか」「この出来事からなにを学ぶべきか」「もし歴史がこう動いていたら現代社会はどうなっていたと考えられるか」といった問いかけや記述問題が中心で、年号暗記などよりはよほど興味深い。

 

この本は《百家講壇》中で全32回、各回40分にわたり放送された武則天シリーズを担当した講師・蒙曼 (モン・マン) 中央民族大学副教授自らが、同テーマでまとめた著書だ。

武則天、または則天武后。中国史上唯一人の女性皇帝。日本にもかつて女性天皇である推古天皇持統天皇がいたが、武則天推古天皇持統天皇と違うのは、政治的状況から擁護されて帝位についたわけではなく、あまたの反対を策略や力づくで解決して、自らの手で帝位をつかんだことにある。

このため中国の歴史学習ではしばしば「なぜ武則天は中国史上唯一人の女性皇帝になりえたのか? なぜ武則天以降、女性皇帝はついに誕生しなかったのか?」という問いかけがなされる。本講義シリーズは軽妙な語り口、現代風の言葉で (「この人について歴史書では(難解な漢文)と書かれています。まあ今の言葉になおすと超絶イケメンですね」) 武則天の生涯、性格、政治的辣腕、時代背景などからこの問いかけの答えに迫る。

 

本書の書き出しがすばらしい。

历史是用文字记载下来的。而根据福柯的看法,文字中早已渗透了权力的改造。一切历史形象,也因此都在文字中扭曲、变形。

ーー歴史は文字で記述される。福柯(フー・カ)の見解によれば、文字にはすでに権威による改造が浸透している。このためすべての歴史的事象は、文字の中で歪曲され、変形している。

これは一般論ではなく、武則天のことを念頭においた書き出しである。武則天はその生涯においていくつもの漢字を造った。(ちなみに中国では新たな漢字を造るのは皇帝の特権といえる) ほとんどは彼女の死後使われなくなり、彼女が自分の名前としてつけた造字だけは、現在も武則天を語るにあたって登場する。

 

語られる武則天は、政治的辣腕に恵まれながらも、封建社会儒教通念ーー女子は政治に関わるべからず、女子は才無きこそが徳なりーーに最後まで抗いつづけた生涯だった。

武則天は唐の皇帝・高宗の寵姫として後宮入りした。後宮の権謀術数をかいくぐり、生まれてまもない娘の突然死(一説では武則天自身が手を下したとも)をきっかけに当時の皇后を追い落として自ら皇后となってから、皇帝の権威と皇帝本人の控えめな性格を利用してしだいに政治に関わるようになる。だがどれほど政治的才能を開花させても、武則天は女子の身であり、皇帝の一存で皇后位を追われかけるような存在であった。

武則天が皇后位にいたのは23年間。その間に政治的人脈と民の評判を勝ち取るために、祭典をはじめあらゆることを利用した。

皇帝崩御後、帝位についた息子達を次々退位に仕向けたのは武則天自身であったが、臣下や世論を味方につけた彼女が帝位につくためにはなお、儒教通念ーー女子は政治に関わるべからずーーをひっくり返すだけの思想的根拠が必要であった。

彼女が突破口を開いたのは仏教。仏教書をひっくり返して、女子の身で下界の王に生まれ変わった御仏についての目立たない記述をみつけ、自分こそがその生まれ変わりであると宣伝した。ここまでやってようやく臣下らに認められ、武則天は帝位につくことができた。その時60歳過ぎ。現代社会ならとっくに引退している年齢に、彼女は長年の夢をかなえた。

 

武則天についてはどんな言葉でもまとめることができないように思う。この本を読み終えた今、私も武則天をどう思うのか考えがまとまらないでいる。いずれまとまったらこのブログに追記するかもしれない。

武則天の墓地には石碑が建てられているが、その石碑にはついに文字が刻まれなかった。女性の権利が声高に叫ばれる現代、歴史上唯一人帝位についた女性である武則天への評価は高まっているが、いずれまた変わるかもしれない。