コーヒータイム -Learning Optimism-

18歳のわが子に読書をすすめるために、まずわたしが多読乱読しながらおすすめを探しています。英語書や中国語書もときどき。

まとめ

[テーマ読書](未完 5 / 70)中国最高の現代小説70作品を読んでみた

2022年総集編。 2019年、中国政府が建国70周年を記念して、中華人民共和国最高の現代小説70作品を選出した。中国語を学ぶのによいし、政府がどのような価値観を推奨しているかを学ぶのにとてもよい。 目標は2030年までに全作読破。以下、選出された70タイト…

[テーマ読書](未完 29 / 100)世界最高の文学100冊を読んでみた

2022年総集編。 ノルウェー・ブック・クラブが選出した「世界最高の文学100冊」(原題:Bokkulubben World Library)というものがあることを知り、全作読んでみることにした。 Library of World Literature » Bokklubben 目標は2030年までに全作読破。英語原…

[テーマ読書](未完 28 / 100)世界最高の文学100冊を読んでみた

ノルウェー・ブック・クラブが選出した「世界最高の文学100冊」(原題:Bokkulubben World Library)というものがあることを知り、全作読んでみることにした。 Library of World Literature » Bokklubben 目標は2030年までに全作読破。英語原著はできるだけ…

[テーマ読書]わたしの好きな中国現代小説家

中国現代小説を読むのはワクワクする。日本でいう半沢直樹みたいな立身出世小説もあれば、林真理子あたりが書きそうなどろどろ家庭小説、不倫小説、若者たちのなやみをつづった青春小説など、ジャンルは日本とあまり変わらないけれど、90年代以降急激に発展…

[テーマ読書]旅行記エジプト〜トルコ〜中東

新型コロナやらなんやらのせいで1年半以上旅行に行っていないけれど、もともと旅行大好きです。世界中の国・地域を全部訪れるのが夢です。 いままで行ったことがあるところ。 中国、台湾、香港、マカオ、アメリカ、カナダ、ベトナム、カンボジア、タイ、シ…

[昔読んだ本たち]コバルト文庫40年カタログ

コバルト文庫40年カタログ コバルト文庫創刊40年公式記録 (集英社学芸単行本) 作者:烏兎沼佳代 発売日: 2018/02/16 メディア: Kindle版 コバルト文庫。懐かしい。 中学校の図書館、地元の公立図書館、なぜかどちらもそこそこシリーズがそろっていた。氷室冴…

[昔読んだ本たち]少女小説(女性向けラノベ)編

昔読んだことがある少女小説(女性向けラノベ)を思い出していく。一時期毎日のように読んでいて、気に入ったものはいまでも大切に保管している。 月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫) 作者:小野 不由美 発売日: 2012/06/27 メディア: 文庫 神。いくら…

[昔読んだ本たち]ノンフィクション編

エボラ出血熱の恐怖を描いた傑作ノンフィクション『ホット・ゾーン』を読み返して、昔読んだノンフィクションについていろいろ思い出した。『ホット・ゾーン』を読んだときは、エボラ出血熱に感染した人間がどのように破壊されるのか、事細かく描写している…

[昔読んだ本たち]少年漫画編

昔読んだ本たちを思い出す試みその3。高校時代から少女漫画を卒業し、少年漫画にシフトチェンジして現在にいたる。未完結作品も多々あり。思い出したころにつけたすかも。 冨樫義博『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』 HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス) …

[昔読んだ本たち]少女漫画編

昔読んだ本たちを思い出す試みその2。 児童書の次は少女漫画を結構読み、徐々に少年漫画にシフトしていった。とくに恋愛やら男女関係は少女漫画がファーストコンタクトだったことが多い。どんなお初があったのか思い出しながら書いてみる。思い出したころに…

[昔読んだ本たち]読書記録さまざま(五)

昔の記録類を片付けていたら出てきた読書記録を見直していく。まだまだ続くと思いきや、これで終わり。缶チューハイとともにどうぞ。アルコールをかけてお焚きあげしたい、思考的迷走とモラトリアムと自己認識歪みが顕在化したかのようなラインナップ。 岩月…

[昔読んだ本たち]読書記録さまざま(四)

昔の記録類を片付けていたら出てきた読書記録を見直していく。今回は男女関係の本が多めな気がする。 ダン・ガードナー『リスクにあなたは騙される 「恐怖」を操る論理』 リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理 作者: ダン・ガードナー,Dan Gardner,…

[昔読んだ本たち]読書記録さまざま(三)

昔の記録類を片付けていたら出てきた読書記録を見直していく。気軽な読みものもそれなりに読んでいたが、人間関係の本に絞って読書記録を取っていた。なんかすごいラインナップでお焚きあげ供養したくなったが、記録破棄ももったいないので、10年以上前の自…

[昔読んだ本たち]読書記録さまざま(二)

昔の記録類を片付けていたら出てきた読書記録を見直していく。中には読んだことすら忘れているものもあって、我ながら呆れる。 シーナ・アイエンガー『選択の科学』 選択の科学 作者: シーナ・アイエンガー,櫻井 祐子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 201…

[昔読んだ本たち]児童読みもの編

昔の読書記録を整理しているうちに、子供の頃読んだ本たちのことも思い出してきた。毎週図書室に通っていたけれど、大人になってからも覚えている本はそんなに多くない。記憶に残っている本は、それだけ印象深いものがあった。一つ一つ思い出してみたい。 そ…

[昔読んだ本たち]読書記録さまざま(一)

昔の記録類を片付けていたら、読んだ本たちをメモしたルーズリーフが出てきた。懐かしさのあまり見返してみた。 J. ディミトリアス『この人はなぜ自分の話ばかりするのかーこっそり他人の正体を読む法則』 この人はなぜ自分の話ばかりするのか―こっそり他人…