コーヒータイム

日々読んだ本を紹介しています。英語や中国語書も時々。面白そうだと感じる本があれば、ぜひあなたも読んでみてください!

おすすめ

【おすすめ】なぜ人は失敗から学べないのか?『Black Box Thinking』

Black Box Thinking: Marginal Gains and the Secrets of High Performance 作者: Matthew Syed 出版社/メーカー: John Murray Publishers Ltd 発売日: 2016/04/07 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る 本書は失敗学の名著であり、邦訳『失…

【おすすめ】秘密を守るために読む本『暗号技術のすべて』

ミステリー好き、小説好きであれば、本書の古典暗号の部分を読みながら「これ見たことある!」と嬉しくなると思う。文字を符号で置き換える手法はそのまんまシャーロック・ホームズの『踊る人形』だし、文字を別の文字に置き換えるのは『ダ・ビンチ・コード…

【おすすめ】素晴らしく分かりやすいコンピュータのルールブック『世界でもっとも強力な9のアルゴリズム』

世界でもっとも強力な9のアルゴリズム 作者: ジョン・マコーミック,長尾高弘 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2012/07/19 メディア: 単行本 購入: 15人 クリック: 437回 この商品を含むブログ (20件) を見る 誰もが一度は思ったことがあるだろう。 「検索…

【おすすめ】専門技術よ、大衆のためにあれ『プロフェッショナルの未来』

プロフェッショナルの未来 AI、IoT時代に専門家が生き残る方法 作者: リチャード・サスカインド,ダニエル・サスカインド,小林啓倫 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/09/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本書の日本語版には「AI・…

【おすすめ】景気サイクルを理解するための名著『Big Debt Crisis』

Big Debt Crises (English Edition) 作者: Ray Dalio 出版社/メーカー: Bridgewater 発売日: 2018/09/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 本書はいわゆる景気サイクルの解説書。好景気と不景気は循環するといわれるけれど、なぜ循環するのか…

【おすすめ】IT時代の軍事技術競争に負けるとなにが起こるか『Army of None』

かのビル・ゲイツがブログでAI・機械学習関係の必読書と絶賛していると聞き、即買い。 When ballistic missiles can see | Bill Gates Army of None: Autonomous Weapons and the Future of War 作者: Paul Scharre 出版社/メーカー: W W Norton & Co Inc 発…

【おすすめ】日本の未来予想図『Chavs: the Demonization of the Working Class』

Chavs: The Demonization of the Working Class 作者: Owen Jones 出版社/メーカー: Verso 発売日: 2016/04/26 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る Twitterで「イギリス現代社会のことを書いているけど、これって日本の未来予想図じゃね?…

【おすすめ】時間というものの神秘『The Order of Time』

人生初、オーディオブック。Amazonで30日間無料体験。 朗読俳優はベネディクト・カンバーバッチ。リチャード三世の血統に連なる英貴族家系出身で、上流階級の教育を受けた美しい英語を話すと聞き、わたしの庶民耳を鍛えてもらおうと選んだ。夜明け前のひとと…

【おすすめ】重さ100トンのキノコ『見えない巨人 微生物』

想像できるだろうか? 目に見えないながらもっとも種類が多い微生物の存在を。 1500年かかって重さ100トンまで成長したキノコの菌糸を。 深度10000メートルのマリアナ海溝の底に生きる細菌を。 本書はそんな微生物を、小さくて「見えない」けれども地球生物…

【おすすめ】死と税金のほかには、確実なものはなにもない『リスク・リテラシーが身につく統計的思考法』

「数理を愉しむシリーズ」を読むのは初めて。すばらしいシリーズだ。面白くて、役立つ。 本書が言いたいことはーーベンジャミン・フランクリンの名言「死と税金のほかには、確実なものは何もない」。病気診断から交通事故まで、100%確実と言えることはなく、…

【おすすめ】目に見えぬ運命を見えるものに『中野京子と読み解く運命の絵』

中野京子と読み解く 運命の絵 作者: 中野京子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/03/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 《怖い絵》シリーズで人気の中野京子さんは、これまで「絵は見て感じるもの」と言われてきた絵画に、時代背…

【おすすめ】脳みそを揺さぶられるミステリーの傑作『ウォッチメイカー』

尊敬するブログ「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」の中の人に選ばれた徹夜小説。ブログでも紹介されている。明日の予定のない土曜の夜に待ちきれず手にとった。 『スゴ本』中の人が選ぶ、あなたを夢中にして寝かせない「徹夜小説」5作…

【おすすめ】アメリカ人のネタ帳『4000 Decent Very Funny Jokes』

どのページを開いてもおもしろい英語のジョーク集。数行という短さゆえすぐに読めて、ふふっと笑える。 58. First Soldier: "What made you go into the army?" Second Soldier: "I had no wife and I loved war. What about you?" First Soldier: "Well, I …

【おすすめ】明日からの世界を生きるために知っておこう『昨日までの世界(下)』

昨日までの世界とは、現代西欧社会とは違う伝統的社会のこと。伝統的社会と現代社会を比較して、お互いから学べることを見つけたいというのが本書の主旨で、下巻の宗教について書かれた章でもっともよく生かされている。 21世紀に起こったさまざまな出来事を…

【おすすめ】明日からの世界を生きるために知っておこう『昨日までの世界 (上)』

寝苦しい夜に目覚めて、夜明けまでの退屈しのぎにこの本を読んでいる。 昨日までの世界とは、現代西欧社会とは違う伝統的社会のこと。人類は300万年前にチンパンジーから進化し、1万1千年前にしだいに古代文明を発展させた。現代社会の礎ができたのはつい数…

【おすすめ】本書を読まずして投資をすることなかれ『マーケットの魔術師』

ライフスタイルが変わり、うまく読書時間がとれずにほとんど本が読めていない。来月には読書時間が取れるかもしれない。 私が読書を続ける意義をまたひとつ見つけた。私はこれまでまったく想定していなかった事態が起こると焦ってしまい、うまく対処できずに…

【おすすめ】『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』(松尾豊著)

良書は目の前の霧をパッと晴らしてくれる。 もやもやしていた感覚を明快な言葉で示してくれる。 つながりが見えなかったものごとの関係を示して、全体像とそれぞれの位置付けを見せてくれる。 本書はまさにそうした良書だ。 本書は、人工知能の入門書として…

【おすすめ】アラビアの夜の種族 (古川日出男著)

尊敬するブログ「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」の中の人に選ばれた徹夜小説。 『スゴ本』中の人が選ぶ、あなたを夢中にして寝かせない「徹夜小説」5作品 - それどこ ハードカバーは二段組みで659頁もある大著だが、いやはや面白い。…

【おすすめ】Augmented: Life in the Smart Lane” (by Brett King)

Augmented: Life in the Smart Lane 作者: Brett King,Alex Lightman,J. P. Rangaswami,Andy Lark 出版社/メーカー: Marshall Cavendish Intl 発売日: 2016/06/07 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る 中国の習近平総書記が2018年に新年の挨…

【おすすめ】『アイデア大全』(読書猿著)を読んだ

実用書を読んでもやもやすることがよくある。「この方法に従うだけでうまくいくのならとっくにみんなうまくいっているはずなのに、実践はどうしてこんなに難しいのだろう」だ。 このため私は実用書ではなく「実践書」を探すように心がけているのだが、意図的…

【おすすめ】"Leadership and Self-Deception: Getting out of the Box" (by The Arbinger Institute)

まさかの事態。前の投稿(2018/01/08)から5日も経過してしまった。3日で一冊読んで投稿するというルールを守れなかったことを猛反省。 なお「あれこれの事情があるから仕方なかった」という自己欺瞞の言いわけを粉砕してくるのが、以下の本である。 Leaders…

【おすすめ】ビジョナリー・カンパニー③ 衰退の五段階(ジェームズ・C・コリンズ著)

ビジョナリー・カンパニーシリーズの第三冊。 タイトルにある通り、著者は企業衰退の枠組みを五段階に整理している。それぞれの段階でどのくらいの期間留まるかは企業によって違う。企業は第四段階までいっても引き返せるが、第五段階に転落したら衰退を止め…

【おすすめ】『イノベーションへの解 利益ある成長に向けて』(クレイトン・クリステンセン/マイケル・レイナー著)を読んだ

イノベーションへの解 利益ある成長に向けて (Harvard business school press) 作者: クレイトン・クリステンセン,マイケル・レイナー,玉田俊平太,櫻井祐子 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2003/12/13 メディア: 単行本 購入: 16人 クリック: 168回 この商…

【おすすめ】『ITの正体 なぜスマホが売れると、クルマが売れなくなるのか?』(湧川隆次/校條浩 著)を読んだ

ITの正体 なぜスマホが売れるとクルマが売れなくなるのか? (NextPublishing) 作者: 湧川隆次,校條浩 出版社/メーカー: インプレスR&D 発売日: 2014/01/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る デジタルやITの特徴、シリコンバレーという場所の特…

【おすすめ】"Project Management in Oil and Gas Industry" (by Sikander Sultan)

PROJECT MANAGEMENT IN OIL AND GAS INDUSTRY (English Edition) 作者: Sikander Sultan 出版社/メーカー: Expert of Course Publishing 発売日: 2017/07/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る コーヒーカップを手元においてノートパソコンで仕…

【おすすめ】『UXの時代 - IOTとシェアリングは産業をどう変えるのか』(松島聡著)を読んだ

UXの時代 ― IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか 作者: 松島聡 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2016/12/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 読書三昧ですごす週末のなんと幸せなことか。 著者はひとことでビジネスの新潮流をまとめ…

【おすすめ】『新訳ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方』(ジェイ・エイブラハム著)を読んだ

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方 作者: ジェイ・エイブラハム,小山竜央 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 尊敬するブロガー、トイアンナさまが絶…

【おすすめ】 『売上目標は立てるな! 20人までの組織をまとめるリアルマネジメント』(岩渕龍正著)を読んだ

売上目標は立てるな! 20人までの組織をまとめるリアルマネジメント 作者: 岩渕龍正 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 2013/10/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る タイトルがキャッチーだから、「トンデモ本?」と一瞬身構えてし…

【おすすめ】『モチベーション革命 稼ぐために働きなくない世代の解体書』(尾原和啓著)を読んだ

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book) 作者: 尾原和啓 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/09/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る この本を読んで、なぜ私が出世などの動機付けに興味がわかず…

【おすすめ】30代はキャリアの転機 (小杉俊哉著)

30代はキャリアの転機 (NextPublishing) 作者: 小杉俊哉 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング 発売日: 2016/05/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る この本は1998年出版の処女作『29歳はキャリアの転機』を再版したものであるが…